仕事納め。

ことしは何もいいことなかったな。みんな元気でよいお年を。

(ムリヤリ探せば)いいことも あったかな。全員が慣れない遠隔授業。受講者のみんなからはたくさん文句言われるかなと不安だったけれど 初回から超協力的に課題をこなしていってくれた。特設授業ページでは たくさん「いいね」「拍手」の絵文字もらったよ。いつもなら質問してくれないのではというひとたちと ネットで質問のやりとりができたよ。ちょっとココロのカゼをひいていて 毎回授業に出るのが難しかった何人かが 今回は順調に履修を重ねているよ。コロナ禍にあって 救われたひともいるとおもうよ。つらい時代だけれど いっしょに乗り越える道を探そう。


☆今年あったこと(以下はちょっと暗い話題なのでスルー推奨):

●まずは重力計が故障し修理代170万円(号泣):

コロナ禍で修理開始など遅れ現在もあめーりかにて修理・調整中。本年度の観測全て中止・研究費もゼロになる(ってか来年度の分も前借りしている。どうすんだ、おい。)。

●研究室ひっこし(悲):

ダイガクの都合で研究室立ち退きをせまられ コロナ対応と並行して引越し準備。ひたすら荷物を段ボールに入れて腰がおかしくなる(悲鳴)。荷物の移動は業者さんが来ると聞いていたので梱包は任せようとおもっていたら アルバイトらしきひとたちがドカドカやってきて そのまま豪快に持って行かれた。プリンターの足やら機材の角やらとれたりなくなったりした。まだ全ての動作確認は終わっていない(怖くてできないw)。新研究室には段ボールがつまれ 一つ開けては収納していく毎日。

もう二度と 学内引越しは やりたくない。

●遠隔授業はじまる。まだ終わらない(泣):

ダイガクからは「念のため不要不急の外出は控えましょう」からの「万が一対面授業できなくなったときのことを考えておきましょう」からの「卒業式・入学式はやめましょう」からの「授業開始時期を遅らせましょう」からの「念のため遠隔授業の準備をしておきましょう」からの「全面遠隔授業にしましょう」。。。

こんなときこそ みんなが一丸となって困難を乗り切る気持ちになれるのが 本学のいいところなのだけれど。。。一部「対面授業やらないなら金返せ」という抗議があってその対応にも貴重な労力が割かれたという・・・。

学生の修学を止めるな! を最優先に 一時期 先生がたは慣れない仕事に疲弊し 膨大な臨時の予算が割かれ 新研究室から見える学生課・教務課の明かりは 連日深夜までついていたよ。それを知った上での抗議であってほしいよ。

そして新生MacBookPro君の新規(心機一転)バックアップは2日目突入・・・。持って帰れない・・・。あしたも来るべ。

アレの対応で

向かいの教務・学生支援課は

今日も

よる11時近くまで灯りがついていたよ。

みんな必死で乗り越えようとしているよ。

おつかれさまです。

ありがとうございます。

この景色とも

お別れだな。

こんなときに

こんなにせわしなく。

 

四季折々の ここからの眺めは 時間が経つほど たいせつな想い出になっていくだろうなぁ。

 

ありがとうございました。

 

満員御礼

あしたは

教員免許を更新しなければならない先生がたが

6時間も

私の話を聞かなければならないという

なんともお気の毒な日だよ。

手作りで 配布資料をつくっているよ。

参加予定の先生がた よろしくおねがいいたします。

学生の成績評価しめきりが あさって。

夏の北海道観測準備 遅れぎみ。

もう何から手をつけていいのかわからなくなって

こんなの書いてる。

オーバーフロー

今週は

8コマコーギ(オムニバス2つ出動!)。

じぶんが司会の会議+2つ会議。

主任のおしごと。

「・・・のご相談」という命令メール。

「・・・していただければ幸いです」という断れないメール。

複数書類の提出期限(ためたじぶんがわるい)。

野外教室の各方面への手配と書類作成。

あたまがまっしろ(内も外も)である。

 

ぜんぶやったとして

 

なにひとつ研究が進むわけではないところがゾッとする。

本の原稿

本学の先生がたと始めた持続学のコーギが

本になるよ。

ってか 本にするために 七転八倒しているよ。コーギで言ってるひとことひとことについて いちいち裏をとっていたら 途方もなく時間がかかり 今日も編集社さんからの取り立てメールに怯えているよ。

図もじぶんで描くよ。今回ははじめてiPadとApplePencil導入!

キツいけどおもしろい!!

入試カントク

地方入試のカントクで金沢に来ているよ。

うっかり忘れそうな細かいことによく気づいてくれるヤマシタ先生。

おちついて全体をみわたし いつのまにか足りないところを補ってくれているスズキ先生。

最強チームで実施しているので ご安心ください。

終盤は 1日同じ部屋で過ごした受験生のみんなと妙な連帯感が生まれ 全員合格してほしい気分になったよ。

 

縁があったら また会いましょう。